老人ホームに入るには、やっぱり保証人が必要ですか?

「保証人がいませんが、老人ホームには入れますか?」

私のもとには、このようなご相談が何件も寄せられています。

子どもがいない方や、身寄りの全くない方は、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅には、入れないことがあります。
申し込みには「支払い能力のある保証人が必要」というわけです。

一般的に、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に入居する際には、保証人が必要となるのですが、そもそも身寄りがない方に、保証人が存在するわけがありません。

ホームの入居金や月額費用の支払いに困ることのないくらいの財産をお持ちであれば、ホーム側も保証人不要と考えるのでしょうが、そのような財産もない。収入は、年金だけとなると、ホーム側も入居の条件として、保証人を求めるのは当然なのでしょう。

では、そんなとき、そのような方は、どうしたらよいのでしょうか?

方法は2通り考えられます
1)高齢者の保証人代行業者を利用する方法
2)保証人不要の老人ホームを探して、申し込みをする方法

1)の保証人代行業者は、賃貸アパートの保証会社と同じようなことをしてくれる業者です。料金の滞納があった場合、本人に代わって一時的に立て替えてくれます。だから、「賃料の遅延があっても、すぐに出ていけ」となることはありません。
もちろん、一時的に立て替えただけですので、後日、立て替えてもらった分はしっかり請求されます。サービス開始時に、保証料も必要になります。

2)の保証人不要の老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、数こそ少ないのですが、探せば見つかります。もちろん、私の知り合いにもいます。

年金が支払われていることが確認できる通帳や、ローンなどの返済がないこと、計画的にお金を使ってきた人であることなどを確認できれば「保証人なし」で入居できるホームがあります。

 

「保証人がいませんが、老人ホームには入れますか?」

→ はい、入居審査はありますが、入れるところはあります。
お困りでしたら、ご相談ください

 

関連記事

  1. 失敗しない介護施設や高齢者住宅選びの「基準」

  2. 入居するなら「介護施設か?」それとも「高齢者住宅か?」

  3. 介護施設に入居する前に、必ずやっておきたいことは?

  4. 「私のおばあちゃんを、この老人ホームに入れたい!」

  5. 実例紹介

  6. 「ひとりでは老人ホームを探すのは難しい」という方へ