シニアの住まい相談専門のファイナンシャルプランナー

このままだと「家庭崩壊」してしまいそう。。。

このままだと「家庭崩壊」してしまいそう。。。

ご相談者は、50歳代の女性です。

父親の介護がたいへん!ツライ・・・
このままだと「家庭崩壊」してしまうかもしれない。
相談に乗ってもらいたい。

もし、あなたも在宅介護でお困りなら、ぜひこの先を読んでみてください。いくつかの選択肢があることがわかると、心が少しだけ「ホッ」できるかもしれません。

<ご相談内容は、、、>

父親は要介護2、母親は要介護1。両親二人で住んでいたのですが、老老介護では心配なので、5か月前に娘である私と私の夫、そして両親を呼び寄せて4人で同居することになりました。

はじめは、お互いに気を使い生活していたのですが、徐々に新しい生活にも慣れ始め、父親のワガママが、ちょくちょく顔をのぞかせるようになってきました。
すると、当初、協力的だった夫も父親のことを私の前では「ク●ジジィ」と、悪く言うようになり、夫婦仲が険悪なムードになることもしばしば、、、

先々週の土曜日、たった一日だけですが、両親にそろってデイサービスに行ってもらい、5か月ぶりに夫と2人きりになり、久しぶりに「ホっ」と一息できました。

何とかなると思って始めた「両親との同居」と「在宅介護」でした。でも、このままだと「私、父親がキライになって、憎むようになってしまうかもしれません・・・」

そう言って、相談者の目から涙があふれてきてしまいました。

また5か月しか経っていないのに、自宅介護が、本気で重荷になってきました。
父親だけを介護施設へ入居させるのも、かわいそうな気がするし、私の介護放棄のようにも見えるし、いったい、どうしたらよいのでしょうか?

ほんとうに「切実なお悩み」です。

私は、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーターとして「在宅介護」の安全な環境を整えるために、これまで500件を超えるご家庭を訪問してきました。また、3000件を超える方に、老人ホームのご案内もしてきました。

目に一杯の涙を浮かべながら、おなじように在宅介護のお困りごとを、何十件も何百件も、お聞きしてきました。
私自身も実父と妻の両親の介護を経験してきています。在宅介護がどれだけ大変なのかは、よく理解しています。

お父様を介護施設に入れるには、費用の問題もあります。
また、本人の意思も確認する必要があります。

各家庭には、それぞれの事情があり、カンタンには、解決できないとも思いますが、いくつかの選択肢があることをお伝えしました。

〇相談者が一時的にでも、介護の手を休めて、精神的な余裕が持てるようにするために・・・

(1)ショートステイを利用する
(2)小規模多機能を利用する
(3)お泊りデイサービスを利用する

この方の場合、お父様とお母様の2人が要介護状態のため、金銭的な問題もあります。介護施設に入居する選択肢も、もちろんご案内しましたが、経済的な事情で、今は在宅介護を継続するしかないようです。

早速、ケアマネと相談してみるとのことでした。

あなたも在宅介護でお困りですか?
ご相談はコチラ → https://e8yes.com/

在宅介護カテゴリの最新記事