ストレスチェックは、なぜ必要なのか?



昨年2015年より、50名を超える企業は、「ストレスチェック」を行う義務が課せられた。

近年、ストレスによる病気や事故が多発しているのが原因のようだ。

厚生労働省のホームページには、このように書いてあった

<以下、厚生労働省のホームページより>

何のためにやるのでしょうか?

労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためす ぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接 を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施 してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」など のメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。


「ところで、うつ病にかかりやすい職業って、なんだろう?」

厚生労働省では、こんな素朴な疑問に答えるデータは見当たらない。

もちろん、具体的な会社名を明記することは、さすが問題があると思うが「このような業種にうつ病を発症するケースが多い」くらいの情報提供があってもよいのではないだろうか?

「うつ病にかかりやすい職業」と検索窓に打ち込んでみたら、こんなランキングがあった。

うつ病にかかりやすい職業
第1位 公務員??

なるほど、厚生労働省にはうつ病にかかってしまう職員が多くいるのだろうか?

だから、ストレスチェックを義務化したのか?

ちょっとうなづける気もする・・・・





Copyright © 2016 ★なんでそうなるの?★ All Rights Reserved.